特徴別(特殊)段ボール

*撥水段ボール

  • 船便
  • 航空便
  • 電化製品
  • 電子部品
保冷を目的とした段ボールとの違いは、表面に撥水の加工がされていて、外からの湿気が入らないようにするために使用することが多いです。 梱包する製品は、幅が広く、船便や航空便など海外輸出・発送用に梱包する際に多く使用されます。
ダンボール(段ボール)の表面に撥水加工を施すことで、水をはじき、浸透を防ぐことが可能になります。 表面に水滴が発生しやすい商品の運送や、水に弱い商品を守る際に活用されます。 東洋紙器では撥水加工を施したオリジナルダンボール(段ボール)も承っておりますので、 ご希望のお客様はお気軽にご相談下さい。

*強化段ボール

  • 鉄製品
  • 電化製品
  • *
市場で比較的よく出回っている段ボールです。 中芯をより硬くするために特殊な塗料を付着させています。 中芯が通常の重さよりも重く(通常120g/㎡に対して強化芯は180g/㎡) 通常より硬質な段ボール箱ができます。 主に重量の大きい家電製品や、工業製品などの鉄製品を梱包する際に多く使用されています。

*保冷段ボール

  • 海産物・カニ・エビ
  • 野菜
  • 化粧品
箱の内面部分が撥水仕様になっており、内側からの湿気に強く、段ボールの型くずれを防止する役割があります。 また、鮮度保持に強く、水産品(カニやエビ)、食品、要冷蔵の化粧品などを扱う業者様からご注文を多く頂いています。

*片面段ボール

  • 片面段ボール
  • 食器
  • 漆器
  • コーヒー
通常の段ボールは、ライナーと呼ばれるシートを両面に貼付けて製造されますが、片面段ボールは、ライナーが片側だけとなります。 ライナーを片側だけにすることで、両面よりもやわらかく、クッション性に優れているのが特徴です。主に、食器や漆器などの割れ物のクッション材として使用されることが多く、 また、持ち帰り用のコーヒーを包むカップスリーブとしても使用されています。

ページ先頭へ

オーダーメイドダンボール(段ボール)ならどんな物でも制作可能

トップへ戻る